「BLUE多摩川アウトドアフィットネスクラブ」とは

BLUE多摩川外観

BLUE多摩川周辺マップ

〜多摩川の自然を活かしたアウトドアフィットネスクラブ〜

澄んだ水、川辺の豊富な緑、魚や野鳥が多く棲む多摩川。山梨県笠取山を源流に、東京湾羽田沖へ流れる全長138キロにおよぶ東京のオアシス。サイクリング、パークヨガ、ランニング、ノルディックウォーキングなどの身近なスポーツからトレッキング、トレイルランニング、森林セルフケア、そしてボルダリングジムやヨガスタジオ、カフェを併設した、アウトドア+インドアのハイブリットなクラブ。

イメージイラストBLUE ロゴ

respect nature

「BLUE多摩川アウトドアフィットネスクラブ」は、小田急電鉄の「気軽に沿線の自然と触れ合いながら運動できる機会を提供し、豊かな暮らしをサポートしたい」という想いと、BEACH TOWNの「地域の自然資源を活かし、スポーツを通じ健康と笑顔を」という想いを融合させたクラブです。

小田急線は人々を街、川、山、海へとつなぐことができる鉄道です。クラブ名の「BLUE」は、 アウトドアフィットネスを通じて「水の循環」の関心を高め、 環境について考えていく想いを込めて名付けられました

街、川、山、海、人、生物、すべてをつなぐのは「水」です。

 

総合監修

TAKASHI KURONO 黒野 崇

黒野 崇 / プロデューサー

大学時代、ライフセイビング部で人命救助の基礎、安全管理の重要性を学び、卒業後は病院に勤務。「なるべく病院に頼らない、薬に頼らない身体づくり」を提案する予防医学の現場に長く携わる。そこで得た経験と、サーフィンを通して知った「自然の中で身体を動かす心地よさ・楽しさ」の合致点を模索し、「アウトドアフィットネス」(商標登録)という新しい領域を考案。各分野から注目を集めている。
2007年BEACH葉山アウトドアフィットネスクラブ創業

株式会社BEACH TOWN 代表取締役 www.beachtown.co.jp
一般社団法人アウトドアフィットネス協会 理事長 www.outdoorfitness.or.jp

YUUKI ONISHI 大西 勇輝

大西 勇輝 / クラブマネージャー

「自然に触れながらカラダを動かすことを日常に」をテーマに、7年間の特別支援学校での教員生活を経て、ランニング、ウォーキング、トライアスロン、アウトドアフィットネス全般の指導と、「運動」や「自然」をテーマにしたクラブマネージメントや企画づくりを行なっている。

株式会社BEACH TOWN www.beachtown.co.jp

 

「アウトドアフィットネス」とは

OUTDOOR FITNESS

続けること・・・トレーニングは薬と違い、続けないと効果が出ません。

これらは、私たちが提案する「アウトドアフィットネス」

”室内の単調な運動では長続きしなかった。”という方は、
ぜひチャレンジしてみてください。
遊びながら、気づいたら健康に。心の開放感もプラスされます。

PARK

・グリーンランニング
・ノルディックウォーキング
・サイクリング
・パークヨガ

MOUNTAIN

・トレッキング
・トレイルランニング
・森林セルフケアウォーキング
・クライミング

STUDIO&BOULDERING

・ヨガ
・ピラティス
・フラ、太極拳
・ボルダリング

OUTDOOR FITNESS

自分のいのち

〜Personal Vision ウェルネスデザイン〜

フィットネスは薬と違い「継続」しなければ効果がでません。
アウトドアフィットネスとは、安全で効果的に美しい自然の中で楽しく「続けること」。遊びながら、気づいたら健康に。心の開放感もプラスされます。

社会のいのち

〜Social Vision コミュニティデザイン〜

地域の魅力にもう一度光を当てる。
巨額のインフラに頼ることなく「アウトドアフィットネス」で地域に活力を。
地域の価値と魅力の向上を。

地球のいのち

〜Global Vision 環境マネジメント〜

「自分のいのち」を考えることが、「社会のいのち」につながり、さらには「地球のいのち」をも救うムーブメントになってゆくこと。
つまりアウトドアでの健康増進が「自然を守ろう」という環境意識につながり、環境保全に広がってゆくこと。

健康増進、地域活性、環境保全という3つのテーマの融合をはかり、 各地で「その地域ならではのフィットネス」が広がってゆきます。